トヨタのアクアの燃費の口コミ!

トヨタ車のハイブリッド車を選ぶならアクアがおすすめ

トヨタは世界一の生産台数を誇る自動車メーカーで車種が豊富だというのも大きな特徴です。今までアルファードなど大型のミニバンが人気でしたが、現在ではハイブリッド車のプリウスが人気となっています。しかしプリウスはあまりにも人気があり過ぎるので購入してから納車されるまで半年以上かかってしまう事も少なくありません。そのためトヨタのハイブリッド車を選ぶならプリウスではなくアクアをおすすめします。アクアもプリウスと同じくコンパクトなハイブリッド車なので特徴を見ていきましょう。

 

トップレベルの低燃費

トヨタの車で低燃費として有名なのがプリウスでリッター40キロ走ると言われています。しかし同じハイブリッド車のアクアもリッター37キロ走ると言われていてプリウスに近い低燃費です。アクアはボディがコンパクトなのですがハイブリッド技術を凝縮させて軽量化、高効率化を極める事で低燃費を実現する事が出来ました。またアクアにはエコドライブモードという機能が搭載されていてONにするとエコ運転をサポートして無駄なエネルギー消費を防いでくれます。この機能も低燃費を実現できた大きな要因の一つと言えます。

 

車内空間が広くて乗り心地が良い

アクアはコンパクトな車なので外から見た印象だと車内空間はすごく狭く感じてしまいます。しかし実際に車内に入ってみると運転席や助手席と後部座席の間隔にゆとりを持たせてあってしかも頭上空間もしっかり取られているので広く感じます。そのため後部座席でもくつろぐ事が出来るので長時間乗っていても疲れる事がほとんどないのでドライブにも適している車です。

 

室内設備も充実

アクアはスマートキーなのでドアの施錠や解錠をする時に携帯しているだけで出来ます。そのため荷物などを持っている時でもキーを取り出さなくていいのですごく便利です。それにエンジンを始動する時もキーを携帯しながらボタンを押すだけなので簡単になりました。また昼間に運転する時は紫外線が気になるところですが、アクアのフロントドアには紫外線をカットしてくれるスーパーUVカットガラスが採用されています。そのためアクアを運転している時には紫外線対策も万全なので安心して運転する事が出来ます。

 

初心者の人にもおすすめの車

アクアは車のボディがコンパクトで小回りが利くので狭い道路を運転する時でも苦になりません。特に初心者の人など運転に慣れていないという人でも比較的運転しやすい車と言えます。そのため初心者の人はアクアで運転デビューするというのも一つの選択肢として検討してみるといいでしょう。

アクアの新安全システムで楽しいトライブを!

TOYOTAのハイブリットといえば、「AQUA(アクア)」。その「AQUA」の販売台数が、100万台を突破したという。やはり、良いクルマなんだと実感してしまいます。いったい、どこに魅力があるのか。その魅力を再度、チェック!

 

安全サポートシステムToyota Safety Sense C

ハイブリッドだから、燃費がいいのは当たり前。いまさら、説明することもありません。地球のことを考えても、家計のことを考えても、37.0km/?(JC08モード)は、うれしい燃費。しかし、「AQUA」のスゴイところは、燃費だけではありません。その新安全システム、Toyota Safety Sense Cが、スゴイのです。

 

ドライブは、安全が第一。事故は、被害者になっても嫌なものですが、加害者はもっと嫌です。そこで、TOYOYAは、交通事故統計を分析し、どういう場合に事故がよく発生するのかを研究しました。そして、発生割合の高い3つの事故に対応した先進安全機能をパッケージ化したのです。それが、Toyota Safety Sense Cなのです。

 

衝突事故や車線逸脱の回避をサポート、そして夜間のドライブの安全も!

Toyota Safety Sense Cとは、TOYOYAが安全のために考えた、運転者以外の大切な目でもあります。その一つは、近距離を高精度で検知するレーザーレーダー。そしてもう一つは、遠方を検知し、白線や対向車のランプも認識する単眼カメラ。この性質の異なる2種類のセンサーで、3つの安全をサポートするシステムがToyota Safety Sense Cなのです。

 

まず、事故で多いのが衝突事故。TOYOYAは、衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポートするために、プリクラッシュセーフティシステムを採用しました。衝突が予測されるときには警告音で運転者に知らせるとともに、ブレーキアシストが作動。また、ブレーキを踏むことができなかった場合には30km/h減速するというシステムです。停車車両に対して30km/hで走っている場合には、衝突避が可能になります。

 

また、意識せずに走行車線から外れるというのも事故の原因。そこでTOYOYAはレーンディパーチャーアラートを開発しました。道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱した場合には、ブザーとディスプレイ表示で警告します。まさかのときの安全です。

 

そして、運転時間で怖いのは、周囲を認識しにくい夜間。特にロービームでは、黒っぽい服を着た人の発見はどうしても遅れがちになります。そこで、TOYOYAはオートマチックハイビームを搭載。ハイビームとロービームの切り替えを自動にすることで、夜間の歩行者などの早期発見をサポートします。この3つの安全サポート機能がToyota Safety Sense Cなのです。もちろん、ドライバーが細心の注意を払って運転しなければなりませんが、万一の場合をサポートしてくれる、うれしいシステムなのです。

 

楽しいドライブを!

車は、楽しい乗り物です。休日にファミリーで郊外の森に出かけてのバーベキュー。このゆったりとした時間がいいのです。また、恋人同士が楽しく語らいながら、遊園地に。これもいいですね。そして、女子会でワイワイお菓子を食べながらテーマパークに。また、海を眺めに真っ直ぐなロードを走らせる一人旅……。このひとときを事故のない楽しいものにするためにも、TOYOYAのToyota Safety Sense Cを搭載したTOYOYAの「AQUA」に、ぜひ乗ってほしい。さあ、「AQUA」で楽しいドライブを!